なんで今受講するの?~夏休み前の大切さ~  | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 6月 30日 なんで今受講するの?~夏休み前の大切さ~ 

みなさんこんにちは〜(^^)/
最近食べすぎてこれから夏を迎えるというのにどうしよう、、、
と困っている小野です( ; ; )

最近食べたものでお気に入りの写真はこれ!

 

大好きなスヌーピーと大好きなパンケーキのコラボ。

最高でした。笑

でもでも、受験期において食べる喜びってすごく大きいものだと私は思います。
集中できなくなったとき、テストや模試で上手く成績が出なくて落ち込んでるとき、

ずっと下を向いていては仕方がないです!
美味しいものを食べて前向きになるのも1つの受験を乗り越えるいい方法かもしれませんよ☆

 

さてさて、6月が終わり、7月が始まろうとしていますね。

みなさんどんな勉強を中心にやっていますか?

最近、校舎のみんなの様子を見ていて、また去年の自分を思い出してみても

受講に追われている人が多いのではないでしょうか?

みなさん、合格設計図を先月に書きましたね!

※合格設計図とは、

受講のペースを週ごとに書き込み、受講終了予定日から逆算して

計画的に受講を終わらせよう!という東進ならではの計画表です。

合格設計図を書いたとき、

7月末までにすべての通期講座の受講を終わらせようと言われ、

そこまでに終わらせられるようにみなさん計画を立てましたよね。

みなさん、これの理由を考えたことがありますか???

この理由を知るには、同時に夏休みについて考える必要があります。

 

え?夏休み?

夏休みが受験の天王山ってのはよく聞くけど、

夏休みなんてまだ1か月くらい先の話じゃ~ん!

 

そう思ったそこのあなた!

まあまあ、ブログを最後までお読みください。

 

夏休みの時間、みなさんどれくらいか知っていますか?

東進生なら一度は聞いたことがあるかな思いますが、

1日15時間勉強×40日=600時間

夏休みってこんなに勉強できるんです。

わたしは、夏休みは基礎を1から見直し、仕上げる時間だと思っています

 なぜか?

①時間が圧倒的に多く取れるから

②時期的に徹底的に基礎をかためられるラストチャンスだから

③9月から過去問演習に入る土台を作らなければならないから

 

このような理由があげられます。

夏休み具体的に何をするかは次回の私のブログで詳しく書きたいと思っているので、

ぜひそちらも読んでみてくださいね(^^)/

理由を確認したところで。

基礎の仕上げをやる!となったときに、こんな2人がいたとします。

受講が終わったAさん
受講が残っているBさん

 

Aさんの場合
受験に使う全範囲が一通り終わっている!

▽▽▽
夏休みに入った瞬間から復習に入れるので基礎を徹底的に復習できる
すでに苦手な範囲が把握できていて、計画が立てやすい

 

Bさんの場合
受講が残っている

▽▽▽

受講を進める時間があるので、スタートに差が出る
まだ終わってない範囲があるので苦手分野があとから発覚すると計画が崩れる

 

この2人が同じ時間の夏休みを過ごし、終えたとき、

どのくらいの差が出るのかはみなさんになら想像できますよね?

つまり、夏休みに基礎の完成を目指すなら、
そこまでに受講を終わらせてることがとっても大事なんです!!
受講を終わらせる=全範囲終了ですからね!

ということで。
夏休みのために、今受講を頑張っている!
そういう意識をもって、受講に取り組むと少し気持ちも変わるのではないでしょうか(^^)

 

 ただ、これはあくまで最も模範的な生徒の話で、

もちろん入塾した時期など様々な事情による個人差はもちろんあります。

でも、なぜ今その勉強をしているのか

言われたから、ではなく必ず意味があります。

この意味を考えることで、勉強自体の質もおのずと変わってきますよ!

 

明日のブログは、、、

何回カメラを向けても同じ決め顔をするので

そろそろレパートリーがほしい小川先生です☆

明日もお楽しみに!

 

早稲田大学文化構想学部 担任助手1年 小野詩織