お世話になりました。 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 3月 30日 お世話になりました。

こんにちは。担任助手4年の小川祥汰です。

 

昨日、同じく担任助手4年の佐藤と共に東進青葉台校を卒業致しました。

最後、ブログを書く機会を頂きましたので、メッセージというよりは、想い出話をつらつらと書き連ねたいと思います。

 

2014.10

思えばもう5年半も前ですか。

私は東進ハイスクール青葉台校に生徒として入学しました。

 

初めて登校したその日のこと、

今でも脳裏に焼き付いています。

それだけ衝撃的な一日でした。

 

当時かなりの人見知りな性格だった私はとても緊張しながら登校しました。

校舎の雰囲気が賑やかであることもあり、足を踏み入れることにかなり躊躇したことを覚えています。

そんな緊張している私に初めて話しかけてくれた担任助手

その第一声は

「あだ名はなに?」でした。

それ以来、「おがさん」としての私の東進生活はスタートします。

 

入学してからの日々は毎日が驚きの連続でした。

 

初対面ながら、気さくに自己紹介をしてくれる担任助手

大学生とは思えないほど優秀な担任助手

面倒な質問に嫌な顔せずに答えてくれる担任助手

3カ月間登校しなかった不良な僕を一切咎めず丁寧な面談をしてくれた担任助手

36日連続で校舎に来たことを楽しそうに自慢する担任助手

生徒の合格不合格に、共に涙を流す担任助手

 

いつしか私は青葉台校が大好きになっていました。

 

そんな「愛」ある担任助手たちに憧れ、

私は担任助手として働くことを決意しました。

 

それ以来、私が常々考えていたことは

「青葉台校の素晴らしい伝統を守り抜くこと」

 

私が生徒時代に感じていた

青葉台校の「愛」

青葉台校を「愛」ある校舎にし続けることを使命として働いてきました。

 

担当した生徒には「愛」をもって指導する。

担当していない生徒にも「愛」をもってアドバイスする。

まだ入学していない招待講習に来てくれた生徒にも「愛」をもって全力の指導をする。

元々大した能力もない私ですが、

この「愛」を注ぐことだけはずっとしてきました。

 

しかしまさか4年間も担任助手として働くとは思ってもみませんでした。

それは一概に、人に恵まれたからだと思っています。

 

「ありがとうございました」

「頼りにしてました」

「おがさんのおかげで人生が変わりました」

このような「愛」ある言葉をたくさんいただきました。

それは私にとって何よりの励みでした。

 

ただ間違いなく言えることは、

私が影響を与えた以上に、私が影響を与えられていたということ。

青葉台校のみなさんのおかげで私の人生が変わったということです。

 

高校生の頃の私は本当にしょうもない人間でした。

何をするにも、自分のことしか考えていない。

自分がうまくいけばそれでいい。

今思えば救いようもありません。

 

そんな私を変えてくれたのは間違いなく東進青葉台校の方々です。

 

優秀すぎる先輩方、どうしようもない僕なんかに「愛」をもって指導してくれてありがとうございました。

可愛いすぎる元生徒たち、大したことも出来ない僕を頼りにしてくれてありがとう。

熱すぎる後輩たち、頼られる以上に頼りにしてました。

最高すぎる同期、常に刺激的で僕のモチベーションの源泉でした。

そして社員さん。

自由に、そして丁寧に育てていただいたおかげで、やっと一人前に成長出来た気がしています。まだまだ若輩者ですが。

 

 

卒業するにあたって今皆さんに伝えたいことはただ一つ。

 

青葉台校は「愛」ある最高な校舎です。

 

担任助手も生徒も、

青葉台校にいる人はどんどん入れ替わっていくと思います。

しかし、

青葉台校の「愛」は永久に不滅です。

 

そんな最高な青葉台校に巡り合えたこと

心の底から誇りに思います。

 

最高の5年間でした。

お世話になりました!!!

 

 

 

「笑えよ。」

担任助手4年 小川祥汰

 

 

過去の記事