えっ、もう夏始まるんですか!?  | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 6月 8日 えっ、もう夏始まるんですか!? 

こんにちは!担任助手1年の大網です!!

 この前天気予報で梅雨前線という言葉を耳にして

 春が終わったことに驚いていますが皆さんどうお過ごしでしょうか。

 緊急事態宣言が解除され徐々に日常に戻りつつあり学校もそろそろ再開するところも出てくると思います。3月に休校になってからの約3か月間、みんな家で一生懸命勉強してきたと思います。残りの休校期間であと何ができるのか。今回はそれについて書いていきたいと思います。

 

 まずは受験生。受験生はちょうど最近講座を増やした人が多いと思うのでそこから消化していきましょう。この時期の講座は講習講座とかがあるので予習復習を徹底して最低限授業で扱った問題とその類題はとけるようにしましょう!

 またそれと並行して、共通テスト対策を進めていきましょう!特に国立志望の人とかは共通テストでしか使わない科目があると思うので、そこの勉強も始めていきましょう。そこで活躍してくるのが大門分野別演習です!共通テストの試行問題やセンターの過去問を解くことで自分の弱点というのが細かく現れるようになります。そういった部分は大門分野別演習を何度も繰り返すことで弱点を補えていきます。自分も無機化学という分野が苦手だったので、そこの大門別は毎日2問以上やるなどのノルマをかけて弱点の克服をはかりました。共通テスト対策をとってる人はぜひ活用していきましょう!!

 

 次に低学年。低学年の生徒はもちろん受講を進めたり学校の課題をやったりと勉強もしてもらいたいのですが個人的にはそれとは別に本を読んでもらいたいなと思います。本でなくてもいいです、映画などでもとりあえず人の創作物に触れてもらいたいです。

 受験学年になると1日のほとんどが勉強にあてられて自由な時間がほとんどなくなります。だからこそ今、時間のあるうちに勉強だけでなく人として成長してほしいなと思います。人の創作物に触れるということはその人の考えに触れるということです。物語なら登場人物の心情についても触れますね。そうやっていろいろな考えに触れると、自分の考えをまとめることがすごくうまくなります。そうすると自分が文章を書くときに重宝します。今このブログの内容が読んでる皆さんにどうとらえられているかは分かりませんが、少なくとも自分は創作物に触れてきた人とそうでない人では書いた文章の読みやすさに違いが生まれると思います。今後文章を書くタイミングは無限に存在するので今のうちからそういった勉強以外の面での成長もしてもらいたいです。

 ここまで長々と書いてきてしまったので今回はここまでにしたいと思います。

 校舎でまた会いましょう!

一年担任助手大網