あなたにとって東進とは? | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 4月 18日 あなたにとって東進とは?

こんにちは!4月から担任助手2年の塚田優羽です。

昨日の伊丹先生のブログは読みましたか?

いつも落ち着いていてなんでもできるシゴデキな一方で、私のくだらない雑談にも乗ってくれる伊丹先生が校舎から卒業式されるのはとても寂しいですが、生徒時代からの感謝の気持ちでいっぱいです。今までありがとうございました!

 

ということで今回のテーマは

自己紹介・今後の意気込み です!

4月からも大好きな青葉台校の担任助手として働くことになったので、今一度自己紹介したいと思います!

 

名前 塚田優羽

大学 早稲田大学文化構想学部

高校 大妻高校(バトン部)

 

大学では、早稲田大学よさこいチーム東京花火というサークルに所属しています!

よさこいは高知系の踊りの一種で、皆さんが踊ったことのあるソーラン節もよさこいのひとつです!

東京花火ではよさこいを現代風のダンスにアレンジして、衣装、曲、MC、振りまで全て自主制作で活動しています!気になるかたは是非YouTubeで検索してください♡

 

以前のブログで書いたことがある気がするのですが、わたしは国公立大学も受験したので国立文系のGMT担当しています!

 

社会は日本史と地理をやっていましたが、日本史は特に好きな教科でした!

国語や社会の勉強法に困ったら、ぜひ相談してください(^-^)

 

私は高校2年生の夏明けから青葉台校に入塾し、今年で青葉台校にお世話になるのは3年目です!

 

生徒時代から大好きだった場所で、またこうして働くことができることがとても嬉しいです。

 

ここからは今年度の意気込みを書きたいと思います。

みなさんはいま、東進を”塾”と捉えていませんか?

当たり前でしょ!と思うと思いますが、生徒時代の私にとって東進は“第二の学校”のような場所でした。

 

それは、東進に行くとかならずどなたか助手の先生が話しかけてくれるし、GMTで仲良くなったこと雑談をしたり、イベントがあったり、、、と、まるで学校のような環境があったからです。

 

わたしにとっては違うな、、そう思った人も多いと思います。決してそれはダメなことではないし、助手と話したり友達を作ることが必ずしも必要とは限りません。

 

でも、考えてみてください。

“第二の学校”があったら楽しくないですか!?!?(笑)

 

東進に来たら、もちろん丸一日おしゃべりしたり遊ぶ人はいません。みんな勉強をしにきますよね。

ということは、東進に来たら、とってもやる気がなくっても、気分が乗らなくても、皆さんは勉強しないといけない環境があるんです。

 

家でなかなかやる気が出ない日、なんとなく気分が乗らない日、そんな人が「とりあえず東進いこう」と思える校舎にすることが、私の目標です。

 

すっからかんなホームクラスとやる気に満ちた生徒がたくさん集まっているホームクラス、単純に、どっちが受かりそうか、活気があるか考えてみてください。

 

1人でも多くの人が、東進を自分の居場所の一つにできるよう、私も一年間全力でがんばります!

次回は同じく2年生の井出先生です!

どんなことを書いてくれるのか、全員必読です〜

 

 !!今年もよろしくお願いします!!

担任助手 塚田優羽

 

最新記事一覧

過去の記事