あなたにいくらかかっている?  | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 11月 11日 あなたにいくらかかっている? 

こんにちは

昨日のブログでドSと紹介されました

明治学院大学社会学部社会学科

3年 深澤圭(フカサワケイ)です。

ドSの自覚はないです、はい。

 

さて、昨日の平野先生の

ブログは読みましたか?

高3の今の時期に

必要不可欠マインドが書いてあるので

ぜひ見てみてください!

低学年も必要!)

 

あ、ちなみに

オリジンのおでんもいいですが

オリジンのお弁当も絶品です笑

 

余談はここまでに、

今期はフリーテーマということで、

私からは

について話させていただきます。

 

ちょうど低学年の生徒は

三者面談を経て、次の学年への継続が

決まった人がほとんどかと思います。

 

その際に、願書(申込書)の

金額を見たよって人いますか?

 

人によって異なりますが、

40万~100万ほど

かかっていることと思います。

今回重要になってくるのは

その「金額を見てどう思うかです。

 

ここで講座の金額について

復習をしておきましょう。

もちろんみなさん知ってますよね?

これをもとに自分の講座と

照らし合わせてみてください。

以上の項目に加えて

担任指導費/模試費/入学金

なども追加されます。

 

自分の受験のためにそれだけ

お金が使われています。

そしてこれに留まらず、

以降も講座は増えます。

 

金額を見てどう感じましたか?

高い安い

それぞれ感じることが

あると思いますが、

 

これを見て、

「だるいから受講しない」

なんて思えますか??

 

さらにこちらも考えてみましょう。

当校のある青葉区の平均年収は

約765万円

これを前提とします。

その年収からどれだけ使うのか。

青葉区のエンゲル係数は約23%

食費175万円

学費については公立高校で50万円

私立高校で80~100万円

それに加えて東進の費用

 

ここまでで年収の半分

消えていることに気付けましたか?

それに加えて、

各種保険や住宅ローンなど

消費は続いていきます。

 

その中で東進の費用が

平均年収の10%程度は

占めています。

 

それがなかったら

何ができるでしょうか?

 

外車も買えるだろうし、

もっといい服も買える。

旅行にだって数回は行けます。

 

それをなぜ東進に、

予備校に使っているのか。

 

それは保護者の方が

あなたの将来を思って、

良い大学を卒業して

将来いい暮らしができる、

やりたいことができる、

そんな未来を

切に願っているから

です。

 

そんな大金パッと出せないし、

すぐに稼げるわけでもない。

 

これは大学生になって

自分でお金を稼ぐようになって、

担任として講座を提案する中で

しみじみと感じます。

 

ぜひ、これを知ったうえで

自分にこれだけ投資されている

そう感じながら勉強に

取り組んでみてください。

 

以上

 

明日のブログは

一年生で一番の努力家

井上先生です。

必見です!!!

 

 

担任助手3年 深澤圭