【緊急対談】有名大・難関大模試の活用について!! | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2016年 5月 17日 【緊急対談】有名大・難関大模試の活用について!!

さてさて、昨日に引き続きですが、
青葉台校担任助手2年の近内です!

本日のテーマは
有名大難関大模試の活用

有名大・難関大模試?という方は、昨日の記事をチェックです!!

 本日は文系の僕と、
理系の渡部先生2人で模試についてお話します。

 

近内 さて、今回は2つの記述模試についてですね。渡部先生よろしくお願いします!

渡部 よろしくお願いします!

近内 僕も渡部先生も、受けていたのは難関大模試だね。いやー難しかったね…

渡部 めちゃくちゃ難しいよね(笑)  当時はメンタルぼこぼこにされてたよ。

近内 初めて受けたときは強烈だよね。それでも受け続けたけど(笑) 

※模試の点数に憤慨する渡部先生(イメージ図) 

渡部 記述式っていうのがやっぱ魅力だよな~

近内 理系の人からすると、どんなところが魅力的に感じた??

渡部 僕みたいに国公立を受ける人をはじめとして、特に早慶や理科大のような最上位の学校を受ける人にとっては、そもそも本番はマークじゃないんだよね。 この時期はどうしてもセンター形式ばかりだから、記述式の経験が積めるのは魅力的だったな!

近内 なるほど、確かに記述式の練習をする機会ってあまりないもんね! プロの先生に採点してもらえる記述式の機会はやっぱり貴重な機会だよね。

渡部 それに、マークじゃないから曖昧な知識だと全く役に立たないんだよね。そのおかげでやるべき分野が明確になって助かったなぁ。 

近内 それは本当にそうだね! 思った以上に知識があやふやなんだなって気づかされるよね。 あと僕は日本史を解くときに漢字がわからないことがよくあって、 そのおかげで普段から漢字に気をつかうようになったな。受験の時は漢字で間違えることはだいぶ少なくなってたから、模試さまさまだよ。

渡部 模試で気づいたことを普段から活かしてたんだね! いい活用してるね~

近内 いやいや、渡部先生も上手く活用してたでしょう。(笑) 難関大模試だと、解説を読んでも理解しづらい部分が中にはあると思うんだけど、そうゆうときの対処法とかあったら教えてほしいんだけど、どうでしょう?

渡部 うーん、そうだな…数学とかは模試より簡単な参考書や問題集を用意して、その問題の類題を探して解くようにしていたな~  

近内 なるほど、そういう工夫があるのか! いいことを聴いたな! 

※お得な情報を聴いて喜ぶ人のイメージ図です
 

渡部 そういう近内先生もなにかおススメの復習法持ってるんじゃない??

近内 ムムム(笑) そうだなぁ…これは受験期に過去問演習でもやっていたんだけど、日本史は間違えた範囲の関連分野を全部復習してたな。もちろんきりがなくなるから、範囲は決めていたけど。例えば備中鍬 を間違えたら、備中鍬→農具→商品作物→肥料→土地制度史…といったように連想していって、知識を結び付けられるようにしていたよ。

渡部 さすが日本史が得意な近内先生って感じだね! 英語とか国語はどうなの?

近内 英語は苦手だったからなぁ…解説をひたすら読みこんで、他の時間は足りない基礎に時間を割いていたよ。国語は復習の時はまず解説の熟読。その上でなんで自分が勘違いしたのかを、ひたすら考えるようにしてたな。図に書いてみたりして、
とにかく納得がいくまで考えた。そして、次解くときは復習の時のように頭を使って、常に頭の中で要約しながら読んでいたな~。
国語は暗記することがない分、頭の使い方を意識していたな。

渡部 なるほど。これ、受験期に聴きたかったな(笑) 受験生にはぜひ読んでほしいね!

近内 そうだね~ 鵜呑みにしなくていいけど、こういう話もあるよって知っていてほしいね! そろそろ時間なんだけど、渡部先生から何か伝えておきたいことはありますか?

渡部 そうだな…みんな今回のこの模試を受けて、レベルの高さに驚いたと思う。もっと難しい問題で練習しなきゃ!!って焦った子も多いと思うんだ。
でも、ここで焦ってレベルの高い問題ばかりに手を出さないでほしい。
まずは基礎を固めること。この時期だからこそ、慌てずに、着実に力をつけて欲しい。それが、結局は一番の近道だから。 

近内 まさにその通りだね。まずはセンターレベルの問題を確実に得点できるように、7月末までの通期講座終了を目指して頑張ろう! 

※焦って基礎をやらなかった人のイメージ図です

渡部 もちろん、次回の有名大難関大模試も受けてくださいね!
次回は7/24(日)です!

近内 それでは渡部先生、今日はありがとうございました!

渡部 ありがとうございました!

 立教大学社会学部2年
近内健太
首都大学東京 システムデザイン学部2年
渡部裕太