【校舎長BLOG-3】時間を意識して勉強すること | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 3月 8日 【校舎長BLOG-3】時間を意識して勉強すること

全国の青葉台校ブログファンの皆さんこんにちは。

東進ハイスクール青葉台校 校舎長の佐藤です。

 

今日は「自分は緊張しい」だと思っているそこのあなたのために、

いつでもどこでも全力を出しきるための大事なことについてブログを書きたいと思います。

 

 

昨年、ラグビー日本代表の大活躍により話題になった「ルーティン」という言葉を皆さんは知っていますか?

五郎丸 歩選手のあのポーズで有名になりましたよね。

 

 

ルーティン【routine】  きまりきった仕事。日々の作業。

 

英単語センター1800にも出てくる基本単語ですね。

 

世界で活躍しているスーパーアスリート達には、より良いパフォーマンスをするための「ルーティン」がありますよね。

イチローは、毎日同じ時間に球場入り、毎日同じ時間にアップを始める、というのはあまりにも有名な話ですね。ちなみにイチローは毎朝カレーを食べているらしいです。

記憶に新しいところだと、1月の大相撲初場所で日本出身力士として10年ぶりに優勝した琴奨菊。みんなはあまり相撲とか見ないかな?

最近話題の「琴バウアー(菊バウアー?)」も、琴奨菊のルーティンですね。

琴奨菊はあのルーティンについて「自分の気持を落ち着けるため、勝負のモードに入るため」にやっていると言っていました。

 

テストも1つの勝負だとしたら、自分の持っている力をいかにして100%発揮するかがとても大事です。

いつもいつでもどんな時でも、本番と同じ状況で緊張感を持って勉強をしましょう。

 

そのために大事なのは「時間で区切る」ことです。

入試では常に時間に追われます。制限時間があり、限られた時間の中で自分の持っている力を発揮しなくてはいけません。

時間に追われる緊張感には、自分から慣れておかないといけません。そのためにも日々の勉強において時間を意識して取り組みましょう。

 

東進生の皆さん。

 

いよいよ春休みがやってきます。

この春休みは絶対に周りとの差がつけられる春休みです。

ただ勉強量を確保するだけでなく、時間に対する意識も変えてしまいましょう。

 

 

まだ受験勉強を始めていなくてこのブログを見ている皆さん。

 

「もう自分は完全に出遅れている・・・」と受験を半ば諦めている2年生の人も

「早くから始めれば難関大に行けるかもしれない・・・でも何から始めればいいんだ・・・」という1年生の人も

 

今なら、春なら、まだ間に合います。

東進では、新年度特別招待講習という無料体験講習を実施しています。

春休みに何をすべきか、何をすれば追いつけるのか、一緒に考えて、少しでも実行に移しましょう。

4月から、皆さんの目の前の世界が変わるかもしれませんよ?

 

 

校舎長 佐藤雅則