「意志」と「行動」 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 5月 27日 「意志」と「行動」

みなさんこんにちは\(^o^)/最近毎日充実してて生きててよかったなと感じている北村です。北村絢那です。

今日はなにを書こうかなって今悩んでたんですけど、まだ大学のことについてみなさんに話したことがなかったのでお話しようと思います。
 

まず、私は明治大学情報コミュニケーション学部に通っています。
って言うと、大体みんな「情コミってなにするの?」って聞いてきます。笑
情コミを志望する学生のほとんどはマスコミ志望です。わたしは違うんですけどね。

なぜマスコミ志望が多いのかと言いますと、なんと!!情コミはフジテレビと公式に提携してるんです!!
凄くないですか?3年生くらいになると、あのめざましテレビのスタジオで実際に学生だけで撮影ができちゃうんです!

でも、なぜそんな学部を私は選んだのでしょうか?マスコミ志望でもないのに、、、


実は情コミは自分のやりたいことがなんでも出来る超・自由な学部なんです!\(^o^)/
つまり言ってしまうと“ゆるい”学部なんです。ゆるいからこそ何の中身もない4年間を過ごす人もいれば時間を上手く使って充実した4年間を過ごす人もいます。
そう、大学という場所は本当に自分次第なのです。自分次第で良くも悪くも転びます。
逆に言えば自分がどう行動するかでいくらでも可能性を広げることができるのです。
 

そうは言っても大学生には誘惑がたくさんあります、、、
高校の時のように小テストがあるわけではないので言ってしまうと勉強する必要はないし、空きコマという最強の時間を使ってこんなに美味しいものも食べれるし、、、
 
↑下北沢の隠れ家的カフェ

これらの誘惑に打ち勝つためには相当強い精神が必要です。私も入学当初は「絶対負けないぞ!」とか思っていたんですけど実際はかなり大変です。
でも私は最近このままじゃダメだ!と心機一転していろいろ頑張ってます。

第二外国語のタイ語の勉強とか(なんでタイ語選んだんですかとかいう質問は受け付けません)、 マネージャーをやっているwater poloのルールを覚えたり、最近話題の人工知能について図書館で本を読んだり、そして今一番頑張っているのは担任助手の仕事です:-)

このように大学生はやりたいことは基本なんでもできるんです。

でもその時に大切なのは「意志」「行動」です。
これは3月まで青葉台校にいた塚原里奈先生が言っていた言葉です。
何かやる時はもちろん「意志」が必要だけどただやりたいと思うだけではだめで、それを「行動」に移さなければ意味がありません。
私はこの2つを意識して悔いのない大学生活を送ろうと思います。


みなさんは今第一志望合格のためここ東進ハイスクールで勉強していますが、受験は人生のゴールではないということを常に忘れないでください。
そして、大学受験を越えたその先の人生でも努力し続けられるような人になってください。

私たち担任助手はずっとみなさんの身方です。

明日のブログは近内先生です! 

 

あれ?

 

はい、近内先生です。
明日もお楽しみに~(^^♪

明治大学情報コミュニケーション学部 担任助手1年 北村絢那

 

 

 

過去の記事