2016年振り返り&2017年抱負 圭一郎ver | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2017年 1月 1日 2016年振り返り&2017年抱負 圭一郎ver

みなさん、

新年明けまして、おめでとう御座います。

 

担任助手

佐藤圭一郎です!

 

 

可愛い自分の生徒たちの試験が

二週間後に迫り、

しっかり力を出し切ってきてくれるかなという緊張

東進青葉台校から巣立って行ってしまう寂しさ

を感じています。

 

 

でも残りの時間を大切にして、

自信もって戦ってきてもらいたいですね。

 

 

 さて、

去年の振り返り

今年の抱負

ということで…

 

 

一年振り返ると、

まずは自分にとっての

本当に大きな変化として、

慶應義塾大学への合格

があります。

 

これはもちろん自分のステータスというか、

肩書としての変化ももちろんあったのですが、

それ以上に、

「不可能はない」

ということも学びました。

 

スタートした時期や、

その頃の自分の学力等を考えて、

 「不合格」「浪人」

という言葉が何度もよぎりました。

しかし、この頃自分は、

特に何も考えることなく、

精いっぱいの努力をし続けていたと思います。

1つ自分で決めたことに向かって、

本気で取り組めば、

必ず何かの形で報われるということを知りました。

その意味で、大きな合格だったと思います。

 

 

 

それからの新生活。

慶應義塾体育会ハンドボール部に入り、

東進青葉台校で働き始め、

パンパンのスケジュールで、

毎日生きるのに必死でした。笑

 

 

特に前期は、

慣れない大学生活に奮闘しつつも、

体育会の忙しさ、体力もまだ足りず、

どうしても東進に割ける時間が短くなってしまい、

手があまりかけきれなかった部分もあるので、

本当に生徒たちには申し訳なかったです…

 

 

やっと生活に慣れてきた後期

徐々に校舎への出現率も増えてきて、

今では、

みんなのためにできることはすべてしてやろう!

という思いです。

 

 

しかし、

順調に進化と成長を遂げられた東進生活とは違い、

体育会では悩む時期が多かったなぁと思います。

 

 

体育会というところでは、

一年目は「選手」というよりは「雑用」という扱いをされるもので、

その高校や中学の部活動とは異なった面に、

苦しむことも多かったです。

 

また技術としても、

慶應の体育会ハンドボール部は二部であり、

七部まである関東では、レベルの高い方のチームです。

実際に戦う相手や、チームメイトの出身校を見ても、

二部はインターハイ・関東大会出場経験のある人が多く、

少しミスをしてもエースやキャプテンとして活躍出来たり、

レギュラーが保証されていた高校の頃とは違う環境に、

かなり悩まされました。

「辞めたいな」と思ったこともあります。

 

 

それでも!

なんだかんだハンドーボールが好きです。

こういう苦労や我慢が成長に繋がると信じて、

東進で学んだ「不可能はない」ということを信じて、

毎日少しずつでも成長できるよう、

努力していきたいと思っています。

みなさんと一緒に、

自分も常に頑張り続けたいと思います!

 

 

部活を振り返ったら長くなりました。笑

最後に、新年の目標を発表します。

 

・周りから尊敬される人間になる

・自分の生徒11人を納得のいく形で旅立たせる

・卒業生のみんなと遊びに行く!笑

・新しく持った1,2年生の生徒たちを大切に育て、「受験生」にする

・周りにも目を配れる担任助手になる

・関東リーグ戦出場、同学年の仲間とチームの戦力へとのし上がる

・車の免許取る!笑

 

 

以上!!

今年もみんな、頑張っていこう!!

 

 

慶應義塾大学経済学部 

一年 佐藤圭一郎