鵜飼から受験生のみんなへ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 1月 17日 鵜飼から受験生のみんなへ

こんにちは、担任助手一年の鵜飼です。

 

週末のセンター試験の直前、みんなはどう感じたかな?

きっとここまで長かったと感じた人が多かったんじゃないかと思います。

そして、かつてない緊張に襲われた人も多かったのでは?

 

でも、それはすごく当然のことです。

何事も同じでかけたものが大きければ大きいほど緊張します

(漢気ジャンケンはうまい棒をかけてやるのと焼肉代をかけてやるのでは緊張感が違いますよね笑)

そして、受験がみんなの高校生活における一番大きな出来事だとするならば

みんなは高校生活をかけて試験を受けている

ということになります

 

しかも、倍率は2倍を軽々と超えるので成功する確率は漢気ジャンケンなんかよりもはるかに低いです。

いきなりビビらせるようなことを言ってしまってすみません。

でも、これが現実です。

そして、みんなの目標はそれだけ大きいものなのです。

 

 じゃあ、どうすればそんな大きな目標を達成できるのか。答えは、

「目の前にこだわる

ことです。これをどれだけ愚直にやりきれるかが勝負を分けます。

大きな目標を掲げることは誰にでもできる。達成できるかどうかを分けるのは、

それをいかに行動に移せるか

 

もう一度、考えてみてください。

今している行動が本当に合格につながっているのか

目の前の勉強に最大限の集中を持つことができているか

目の前の行動すらやりきれない人が大きな目標を達成しうるのでしょうか。

 

 完璧を求めるような発言をしましたが、自分も受験生の頃できたわけではありません。

むしろできないのが普通

でも、上を目指すことをやめてしまったらそこで終わってしまう

そして、まだまだ自分次第でたくさんのことを変えられる

もう一度目の前のことから見直してみてください。

 

 みんながここまで努力してきているのはよくわかっています。

でもだからこそ、少しでもいい結果につながって欲しい。

小さなことからこだわっていこう。

あともう少し、どんな時でも何があっても目標に向かって努力し続ける君たちを応援し続けます。

 

 

 

 

担任助手一年 鵜飼周也