見るなキケン | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2017年 2月 17日 見るなキケン

こんにちは〜

立教大学経済学部2年の木賀光輔です!

それにしても受験真っ只中ですね

青葉台校の高3生と話してると「がんばれ!」と応援しつつも、「自分もこうだったな、ああだったな」と懐かしい毎日です

さて今回は、自分が2年前に経験した受験の中で「これは絶対やるべきではなかった」と本気で思った失敗を1つ話します。

みなさんもあるんじゃないでしょうか。
「ある大学の試験日と、ある大学の合格発表の日がかぶってる」
ということが。

木賀は
2月の前半に第一志望のJ大学3つ
2月の真ん中にR大学3つとA大学1つの4日間連続

を受験をしてフィニッシュというスケジュールだったのですが、

奇跡的に
 必ずどこかの大学を受験する日には
必ずJ大学の合格発表がかぶってました。

①2/11
発表10:00〜:J大学 総合グローバル学部/試験10:30〜:R大学 経営学部
ここで木賀はまさかの10:00にJ大の結果をスマホで見ました。
結果は”補欠”「うわ、補欠だった」
とにかく頭を切り替えて10:30からR大学を受けました。

②2/12
発表10:00〜:J大学 経済学部/試験10:30〜:R大学 社会学部
ここでも木賀は10:00にJ大の結果をスマホで見ました。
結果はまた”補欠”「うわ、また補欠だった」
とにかく頭を切り替えて10:30からR大学を受けました。

③2/13
発表10:00〜:J大学 法学部/試験10:30〜:R大学 経済学部
またここでも木賀は10:00にJ大の結果をスマホで見ました。
結果はまたまた”補欠”「うわ、またまた補欠だった」
とにかく頭を切り替えて10:30からR大学を受けました。

…といったように
目の前の試験に集中せず、結果が気になりすぎて見てしまいました。

奇跡的に頭を切り替えることができて、奇跡的に集中して試験を受けることができ、結果今通っている立教大学に合格できたのですが、もし切り替えられなかったら今頃大学生になれてなかったかもと思うと今でもゾッとします。

(こんなことする人少ないと思いますが)
試験日と合格発表日がかぶっていたら、くれぐれも試験を受けてから発表を見ることをお勧めします。

こんな話ですいません。笑

担任助手2年 木賀光輔