答えはいつも、自分の中に。 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 10月 23日 答えはいつも、自分の中に。

こんにちは!

立教大学社会学部社会学科2年
近内健太です。 

気づけばあと僅かで11月。
突然寒くなって、慌ただしく衣替えをしています(笑)

町が暗闇に包まれるのも早くなり、
ひんやりとした風が気持ち良いこの頃ですが、
皆さん風邪は気をつけましょうね! 

さてさて、来週末にはいよいよ
全国統一高校生テスト
ですね !準備は万全ですか?

自分の受験期を振り返ってみると、
10月~11月は本当にあっという間でした 。

全国統一高校生テストをはじめ、
毎週のように模試を受けて、
さらには沢山の過去問演習をこなす日々。

当時のスケジュールを思い返すと、
我ながらよく頑張っていたなぁ…と思います(笑) 

忙しい日々を過ごす皆さんの中には、
勉強してもいまいち達成感を感じられずに焦ったり。
点数の伸びない過去問に心を折られかけたり。
或いは、受験の意味について考えてしまったり。
そんな風に、もやもやした気分の人もいるのではないでしょうか?
 

そんな皆さんに伝えたい事。

「自分の原点を思い出そう」
ということです。

受験勉強に全力な皆さんなので、
今は目の前の合格をつかみ取ることで、
頭がいっぱいかもしれません。 

だがしかし、
皆さんのゴールは大学合格のその先にあるはずです。 
 

大学で学びたいことや、
将来就きたい職業があり、
それを叶えるために、大学に進むはずです。
 

今、校舎で話題のビジネス英語もそれをサポートする一つ。 
皆さんが将来必ず必要になる要素である、
英語力を大巾に伸ばすための講座です!

この時期に皆にビジネス英語の話をする一つの理由は、
 目先のことでいっぱいっぱいになってしまうこの時期に、
大学受験の意味・そしてその先にある自分の未来を、
もう一度見つめなおすための機会にしてほしいという思いもこもっていると思います。

 

この時期の受験勉強は、辛いことや苦しいことが増え、
今まで以上に大変なことかと思います。
目の前のことで、いっぱいいっぱいになってしまうと思います。 

だからこそ、どうか自分の原点に立ち返って、
もう一度、受験をする自分と向き合ってみてください。

 高1高2の皆さんは、
学年の上がるまでのこの時期に、自分の夢や志と向き合って、
自分の受験する理由を考えてみましょう!

そのことが、3年生の勉強に本気で取り組むために、
一番必要なことですよ! 

その時にはぜひ、
合格作成図実行システム
をうまく活用してみましょう♪ 

立教大学社会学部社会学科2年
近内健太