松本から受験生のみんなへ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 1月 15日 松本から受験生のみんなへ

こんにちは。二年生のラストを飾るのはやはり、坊主の松本です。

 

みなさん、まずは、センター試験お疲れ様。今日は少しゆっくり、する日ですかね。


では、リラックスがてら、少しばかり僕の思い出話にお付き合いください。

おそらく、自分の体験談を話すのが一番お役に立てると思うので。


2年前。僕は少し変わった東進生でした。

東進では他人とのコミュニュケーションを完全に絶ち、担任助手に話しかけられても氷のような塩対応で返す。それが正しい受験生の姿だと信じていました。皆さんの中にもそういう人、いると思います。間違ってないよ。そのまま、自分らしさを貫いてほしい。(まあでも意外と担任助手と話すのもいいもんだよ?笑)

そんな僕は、1月下旬、センター試験でそこそこ成功した余韻に浸り、少々漫然とした受験生活を送っていました。当然センターボケが治るはずもなく、センター試験2週間後に東大模試E判定をくらい、僕の心は完全に打ち砕かれました。「僕は落ちるんだ、この勉強は全て無駄になるんだ、、」「落ちたらどんな顔で家族やクラスのみんなに会えばいいんだろ、、」。あれ、僕って鋼メンタルのはずじゃなかったっけ、と落ち込んでる自分に気づいて動揺していました。

そんな時。

当時僕の担任だった、次席の村瀬先生が、

「この模試受験生脅すためにみんなにE判つけてるだけやから」

とさらりと声をかけてくれたのを今でも覚えています。

その言葉で一気にポジティブ思考に転じて、

「みんなE判定ならどうでもいいじゃん、あーなんで悩んでたんだろ、もったいないことしたー世界史やろー」

と、まあ本来の勉強量を取り戻すことができました。

本番前も、「きっと夏目漱石や太宰治も東大受験前は緊張してたに違いない」とやや意味不明の考え(試験のことを考えすぎないための現実逃避)で自分を安心させることができました。(あと試験監督やってる教授があくびしてるの見て東大教授も意外とフツーだな、とか思ったり笑)

 

おそらく、今さんの心の中を支配するのは、受かるか、落ちるか、という最大の命題でしょう。

でも、そんなことを考えても仕方がないし、それにそのことばかりを考えながら勉強するのは効率が悪すぎる。

 

だから。

 

もう目の前の問題だけに集中しよう。
不安なこと、周りの人、厳しい現実、全て忘れて、今キミが解いている問題に
全精力を傾けよう。
たぶん、それが最も後悔しない方法だから。

自分らしく、自分らしく。
泣いても笑ってもあと一ヶ月。
まだ、伸びる。

 

 

 

 東京大学文科一類二年

松本亮