担任助手紹介 鵜飼周也 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 4月 16日 担任助手紹介 鵜飼周也

 

最近なんか張り合いのない毎日だなと感じていたんですけど、

あれですね、

ブログ不足だったんですね

 

もう書きたくて書きたくてうずうずしてました慶應義塾大学総合政策学部2年の鵜飼です

(きっとみんなも鵜飼の番が待ち遠してくてうずうずしていたはず)

まあ改めて言うまでもないと思うんですけど、

一応流れなので僕も自己紹介をしていこうと思います

 

 

高校は神奈川県立川和高校で、

サッカー部に所属し、練習に明け暮れる毎日でした

一応、副部長でしたよー

(何もしてない。部長にはとても迷惑をかけました)

 

 

そして、大学生になった今では、

今度はコーチとなって川和高校に通う毎日です

(もう川和高校6年生なんですよ、そろそろ校舎キレイになってほしい)

 

 

サッカー選手を育てるというまた違う面白さがあるのですが、

コーチはコーチで大変なんですよ。

部活に入っている人は顧問の先生を労わってあげてください笑

 

大学は上に書いてある通り慶應義塾大学総合政策学部に通っています

総合政策ってなんやねんって思う人もいると思うんですけど、

本当になんでもやるんですよ

(今年から高井先生という後輩も獲得したので興味がある人は、

僕か高井先生に是非聞いてください✨)

 

ちなみになんでもできる中で鵜飼は未だにうろうろと勉強をしています

去年は高校の頃から興味があった経済学を勉強していたのですが、

今年からはなんと大学受験で使っていない

日本の近代史のゼミに所属しています

(とても迷走しています)

 

ただ、僕はこの迷走にも意味があると思っています

 

僕は、歴史から逃げて数学を選択したちょっと特殊な文系でした

 

別に日本史が嫌いというわけではなかったのですが、

経済学を大学で学びたかったのと暗記から逃げたいが為に数学を選びました

 

そして去年一年間、経済学をある程度勉強して、

少し視野を広げてみようかなと

特に考えもなく日本史に手を出したら

思いの外面白いと感じたので

すぐに先生にお願いしてゼミに入れてもらったのでした

 

何に驚いたのかというと、

高校生の頃は特に魅力を感じなかった日本史

面白さを感じた自分の変化にびっくりしました

 

そして、みんなに伝えたいことはこんなこともあるかもしれないから

 

常に視野を広く持つこと

興味を持ったらすぐに触れてみること

 

ひょんなことから人生が変わるかも・・・。

 

担任助手2年 鵜飼周也