担任助手活用法 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 9月 12日 担任助手活用法

皆さんこんにちは!
夏休みが終わり、今から冬休みの待ち遠しい

北里大学医学部1年の望月です。

この間、高校時代の友人に久しぶりに会って食事をしに行ったところ「お前またでかくなった?」と言われました。
アメリカンフットボールによる肉体改造が着々と進んでおります。
医学部は6年間大学で過ごすのですが、6年後自分はどうなっているのでしょうか…

さて、皆さん突然ですが、担任助手の名前を全員知っていますか?
全然知らない…  特定の人としか話さない…
そんな人も結構いるのではないのでしょうか?

そこで生徒時代に自分もやっていた担任助手の活用法について話したいと思います!
なんと「〇限に〇〇〇の受講入れてください」と言うだけじゃないのです!

                    まずは質問ですね

去年、自分は解答などを見てわからないことがあったら頻繁に担任助手の先生に質問をしていました。
簡単で分からないって知られるのが恥ずかしいなんて思う必要はありません。
疑問に思ったことはバシバシ質問していきましょう!

ところで皆さんはどの担任助手の先生がどの教科を得意にしているのか というところまで知っていますか?
自分は時々、物理のことを聞かれることがあるのですが実は生物選択で物理に対応できません(泣)
しかも英語も大学に入ってから全然やっていないので結構忘れていたりします。
だから担任助手に質問するときこの科目はこの先生と決めておくのもアリですね。

            例えば、数学、化学であったら藤井先生、井口先生、一井先生           
                物理であったら井口先生、渡部先生
                生物なら中田先生、尾崎先生、青木先生 
                英語なら小野先生、貫井先生、圭一郎先生etc             という具合にです。

自分は数学、化学、生物なら質問に答えられるのでバシバシ持ってきてください!
ただし自分なりの考えというのはしっかり持って質問してくださいね
何が分からないのかという部分は自分でしっかり把握しなければ成長できません

大学のこととか、勉強法のことだとかの相談にも担任助手は乗ることができます!
担任助手の先生は1人1人が強い個性を持っているのでどんどん話しかけてくださいね!

話しすぎて勉強してないとかは勿論ダメですよ笑

また勉強しているときどうしても眠くなる時ってあると思います。
そんな時、何時何分に起こしてくださいと受付で寝ている人も去年はいました笑

こんな感じで担任助手は大いに活用してください!

次回のブログは自分が生徒時代、生物の質問をしまくっていた青木先生です
次回もお楽しみに!