担任助手志望理由 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 10月 26日 担任助手志望理由

こんにちわ!
最近軽くパーマをしてイメチェンを図った
担任助手1年 望月です!

意外とパーマかけたことに気づいた人少ないんですよね(笑)

今日は何故自分が担任助手になろうと思ったか書こうと思います。

自分は高2の夏にあまりの成績の悪さから東進に通うことになりました。
このころは本当に医学部なんて到底無理だろうという成績でした。

そこでまず山田先生という担任助手の先生が自分の担当になり、受講マスターといった東進コンテンツの使い方を伝授してもらい、勉強の習慣をつけることができるようになりました。
次に川野先生が高2の冬から自分の担当になり、成績が少しづつ上がって調子に乗り始めた頃に

という問題を30秒以内でやれたら天才と煽られそのまま解けず、

「お前らは天才じゃないから努力するしかない。凡人は努力するしかない」と言われ確かにそうだと思いそこから今まで以上の努力をするようになりました。
「凡人は努力」という言葉は今も自分の中に残っていて座右の銘となっています。

ちなみにさっきの答えです。

そして高3になって笹原先生が担当になり、楽しいGMTで気持ちをあまり落とすことなく受験を迎えられたのではないかなと思っています。
他にも夏期合宿であったり、親切に質問に答えてもらったりと

本当に東進には恩があります。自分が医学部に行けたのは東進で勉強したからと胸を張って言えます。

だから恩返しがしたいそんな思いが強く、自分は担任助手を志望することに決めたのです。

恩返しだけでなく自身のさらなる成長のためという気持ちもありました。実際、担任助手になって学ぶことというのは非常に多いです。

自分も担任助手として頑張っていきます! 一緒に頑張っていきましょう!

北里大学医学部 担任助手1年 望月大輔