恩人 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 10月 13日 恩人

 

こんにちは!

立教大学経済学部2年の木賀光輔です!

運転がへたくそすぎて教習所で苦労する毎日です。

 

さて、さいきん担任助手仮登録があったりしてるので、

今日は木賀が受験生だったときにお世話になった人であり、

自分が担任助手になったきっかけになった”斉藤大地”さんについて話します~

 

大地さん(と木賀は呼んでいます)は

慶應義塾大学の環境情報学部の4年生です。

常に茶髪パーマくるくるです。

 

木賀は高2の12月に東進に入ったのですが、

そのときから受験合格まで丸1年担当してくれた人です。

 

大地さんの口癖は

 

「マスターやれ」

 

とにかくマスターにうるさい。

そのおかげもあって、木賀は大地さんが担当してくれた日から

1日たりともマスターをやらなかった日はないです。

(本当です。これには本当に自信があります。)

 

大地さんから教わったことはたくさんありますが、

「当たり前のことを当たり前にやる」

ことを1番教わった気がします・

大地さんは決して甘やかさない人でした。

でもそれは単に厳しいのではなく、

「自分でやるといったこと」をやってこなかったときは

決して甘やかさない人でした。

自分の行動に自分に責任を持つことを教わりました。

 

また、大地さんは常に背中を押してくれる人でした!

自分がセンター試験で大コケして、どこのセンター利用も取れなかったときでも、

甘やかすのではなく、次につなげるためにどうするかを考えさせてくれて、

大地さんのおかげで受験を最後まで折れずにがんばりきれました。

 

担任助手をやろうと迷っていたときも、

大地さんが「お前ならできる」と最後に背中を一押ししてくれたおかげで

今担任助手をやっています。

 

自分は、そんな大地さんのもとで受験をし、

担任助手として一緒に働いて、

大地さんみたいに

「自分以外の人の心を動かして、背中を押せる人になりたい」

と思いました。

 

なんか大地さん大好き話みたいになりましたが。笑

東進に通っているみんなも、

担当してくれている担任と担任助手を信じて

受験がんばってね!

 

 

立教大学 経済学部 2年 木賀 光輔