心理学の誤解(とお知らせ) | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 10月 31日 心理学の誤解(とお知らせ)

 

こんにちは!古郡です。

最近、高1、高2のみなさんに担任助手をしっかり覚えてもらおうと、各グループミーティングで「担任助手テスト」なるものを実施しているのはご存知でしょうか?笑

さすがに、
ふるごおりかき氷!ふるごおりかき氷!と自己紹介で連呼している自分は覚えてもらえているだろう。」
と過信していたのですが…


惜しいけど違う…


それ地名ね…しかも直した後もちょっと違う…


もはや名前ですらない…

なかなかの惨状…
(もちろん正解してくれた人もたくさんいましたけどね!)

もっと自分をプロモーションしていこうと感じた次第です。

さて、今日のテーマは、、、
「心理学」!!

まあ自分は商学部なんですけど…(^^;)
一般教養科目(学部関係なく取れる授業)で心理学をとっています。

みなさん、心理学ってどんなものをイメージしますか?

選んだ色で性格が分かる…とか、
相手が嘘をついているかどうかの見破り方…とか、
気になるあの子が脈アリかどうかの確かめ方…とか。

こんなのをイメージする人も多いのでは?笑

そう、これは大きな誤解!!

大学の心理学って必ずしも(というかほとんど)そういうのじゃないですよ~

っていうのが今回のテーマです。

そもそも心理学って何か?

心理学は科学です。
簡単に言えば、心や行動について科学的に分析する学問、ということです。

心理学にはたくさんの分野があります。
基礎心理学発達心理学社会心理学人格心理学臨床心理学応用心理学
など、その研究分野は様々。

その中で、さっき挙げたような性格だとか嘘だとか恋愛だとか、そういったのは本当に一部の中の一部です。

ちなみに自分が今心理学の授業で学んでいるのは「基礎心理学」
まあそのまんまなんですが、心理学の「基礎」を学んでいます。笑

心理学の歴史とか、実験の手法とその進化の過程、歴史上の心理学者の考え方の違いなどがメインですね。
あとは「錯覚」とか「物忘れ」なんかについて心理学的な分類を教わったり、実際に実験してみたりもします。
今週の授業では、「人はなぜやっていない罪を認めてしまうのか」みたいなことをやりました!

正直、自分も最初にこの授業を受けたときは
「なんかイメージと違うなあ~」
と思ったりしましたが、これはこれで興味深いのでちゃんと授業聴いてます笑

まあ自分は心理学専攻とかではないので、心理学について詳しく知っているわけではないのですが、とにかく、世の中の心理学のイメージに流されて
「大学で心理学を学ぼう!」
と思っている人はもう一回ちゃんと調べた方がいいですよ!!

ということだけ言っておきます。笑

 

さて、ここからは宣伝です。

青葉台校では、明日明後日11月1日2日にそれぞれ
「早稲田ホームルーム」「慶應ホームルーム」
が行われます!!

 
(対峙する小野先生と圭一郎先生。笑)

「早慶の特殊な問題の対策、どうすればいいの!?」
「早稲田の文と文構って何が違うの?慶應の経済と商は??」
「早慶受験におススメの参考書が聞きたい!」
などなど、早慶受験生にお得な情報が盛りだくさん!
ぜひ奮って参加してくださいね~

校舎にも貼ってあるこのポスター、実は上のと合わせて6通りもあるんです!!

↑元ネタを知りたい人は「早慶戦 ポスター」で検索!!

明日もお楽しみに!!

慶應義塾大学商学部1年 古郡啓太