事前申し込みの経済的すすめ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 10月 29日 事前申し込みの経済的すすめ

こんにちは!

佐藤圭一郎です!!

 

最近新しくパソコンを買って、

ビジネス英語が捗っています!!

 

このパソコン、めっちゃイケメン!!

 

 

さて、

ビジネス英語ですが、

大学の食堂でも図書館でも、

どこでもできるのがいいところ!

 

 高3生のみなさん、

10/8、10/9、のHRには出席しましたか??

それに参加していなかったら、

ビジネス英語」と言われてもわかりませんよね。

 

高1.2生も見ていると思うので、

ざっくり説明すると、

ビジネス英語は、東進の大学生向けの英語の講座です。

 

1つの授業が、確認テストまで

すべて合わせて30分程度で終わるもので、

大学生の授業の空き時間に

受講をすることができます。

 

恐らくこれを聞いて、

「なんで大学生になってまで受講や勉強をしなきゃいけないの?」

と、思った人は多いかと思います。

 

ではなぜ自分はビジネス英語をやっているのか。

理由はいくつかあります。

 

 

 

①就職など、自分の将来に役に立つ。

ビジネス英語を受講する一つの目的として、

「TOEICのスコアを上げたい」があります。

TOEICのスコアは就職時に見られることが多く、

そのスコア次第で合否が決まったり、

入社してから昇進できるか否かが決まったり、

様々な場面でTOEICのスコアが見られるのです。

 

今スコアを伸ばしておけば、

将来絶対に役に立ちます!

 

 

 

②大学の英語の授業の補足

これは自分が大学に入ってから思ったのですが、

大学の英語の授業って、

プレゼンディスカッションが多く、

これまで高校で受けてきたものとはだいぶ違います。

もともと英語ができる人が伸びる授業であって、

それ以上に単語力やreading力が

伸びような内容ではありません。

これは慶應に限った話ではなく、

東大の松本先生や、

上智の小川先生も、

同じようなことを言っていました。

 

また、受験後の時期が皆さんにとって

一番英語ができる時期だと思います。

その力を落とさないように、またはさらに飛躍させて、

就職時を迎えたい。。

そんなときに、

ビジネス英語はとても勝手がいいです。

 

 

③東進生から入るととにかく安い!

このことを皆さんはきちんと理解していますか!?

特に高三生!!!

一般で申し込むと30万以上

(それでも120コマ程あるので十分安いのですが…)

ですが、

なんと高3の10月までに事前申し込みとやらを済ませると、

20万ほどで120コマ受けられるのです!!

東進生の特典がついているのが魅力ですね☆

 

 

 

…とまぁこんな感じで

ビジネス英語の魅力は伝わったでしょうか??

 

ちなみに、

高3生、ビジネス英語の事前申し込みは済ませましたか?

10月末までですよ!!!

この機会を逃すと、

20万→30万

(なんか危険なサイトみたいになりました笑)

に値段が上がります。

もう引き返せなくなります…

自分自身の可能性を狭めますね。

選択肢を一つ捨てるのですから。

 

日曜は全国統一模試があるので、

早めに申し込むこと!!

 

 

※事前申込金は10800円ですが、

申し込み自体は担任助手との受験後面談という、

三月に行う個人面談で行うので、

これで申し込みという形にはなりません。

しかも、三月に「申し込まない」という決断をした場合、

事前申込金は全額返ってきます。

要は、

「3月に10万安く申し込みができるチャンスを取っておく」

or

「捨てる」

の二択なんです。

絶対に損しない話です。

僕が保証します。

 

 

 

…実際、英語なんて、勉強するか否かは

本人のやる気次第だと思います。

なので、実際のところ、

東進でやらなくてもできる人はそれでいいんです。

ただ、「東進でやる可能性も一応取っておいたら?」

という提案です。

悩むくらいなら

事前申し込みしたほうがいいです。

大学行ってからどうするかは、

受験が終わってから考えればいい。

その時の選択肢を狭めないために、

みなさん事前申し込みは絶対にしたほうがいいです。

高1.2生は事前申し込みはまだ先なので、

その辺はまだ読み流していいですよ!笑

 

 

以上、「事前申し込みの経済的すすめ」でした!

 

慶應義塾大学経済学部

1年 佐藤圭一郎