世界史のススメ 新学期ver | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 9月 2日 世界史のススメ 新学期ver

 

こんにちは〜!

野球で黒焦げになっている古郡です。


ちなみに今は部合宿で静岡にいます!

お茶の香ばしい香りとともに今回のブログをお届けしたいと思います。

(画像はイメージです)

夏休みももう終わってしまいましたね。

あっという間だった!という人も多いのではないでしょうか。
充実した夏休みを過ごせましたか??


過ごせた人はこの調子で!
もし過ごせなかった人も、ここから切り替えて挽回していきましょう!!

さて、今回のテーマは「世界史」

(日本史選択の人もなんだ、世界史か。と言って読むのをやめないで!!勉強法など共通する部分もあります!)

歴史が大好きだ!みたいな人にとっては点数の稼ぎどころなのかと思いますが、多くの文系受験生は僕のように
、

「暗記なんて嫌いだ…暗記パンが欲しい…」

そもそもなんでこんなに難しい名前ばかりなんだ…タイムマシンで昔に行ってマルクス・アウレリウス・アントニヌスの名付け親に名前を変えさせたい…」

「いやむしろ、もしもボックスで歴史なんて科目がない世界にしてしまいたい…」


と切実に願っていることと思います。

そんなみなさんに、今日ちょっとだけためになるかもしれないお話をします。

まず、古郡が世界史をどうやって勉強していたか!
(あくまで参考までに)
 
まず使っていたのは、山川出版の「詳説世界史ノート」。

これ自体は教科書レベルの参考書なのですが、ただこれをやっていたわけではありません。

さらに、これ!

学研の「世界史トータルナビ INPUT & OUTPUT 800

これは難関大に対応した割と細かい事項も載っていて、さらにフルカラー印刷なので見やすい参考書です。
ページ毎の端に問題も載っているので、この一冊だけでもオススメ。

そしてもちろん資料集と用語集もマストアイテムです。

さて、これらを使ってどうやってたかというと…

こんな感じ!
(詳しくは下で説明します)

(字が汚いのは心が綺麗だから)

①「世界史ノート」の空欄をオレンジペンで埋める!

②「トータルナビ」の細かい事項を「世界史ノート」に付け加える!

③単語や出来事の注釈を用語集や資料集を基に「世界史ノート」に書きこむ!!

これで、真っ白だった「世界史ノート」が自分だけの参考書に大変身。

これを赤シートを使ったりしながら復習しまくります!!


ちなみに、「詳説世界史ノート」の代わりに同じく山川出版の「書き込み教科書」や「各国別世界史ノート」を使うもよし。
自分に合ったものを本屋で見つけましょう。

…しかし、これを見ている受験生のきみたちは思ったのではないでしょうか。

「もうまとめノート作ってる時間なんかない!」

その通り。ちょっと受験生に紹介するには時期的に遅すぎましたね。反省します。

しかし、本題はここから!

そんな受験生の君たちに、この時期オススメの1冊を紹介します!

それが、これ。

Z会の「実力をつける世界史100題」。

これのなにがいいかというと、

①時代順に問題が並んでいるから、苦手なところをピックアップして解ける!

②問題文自体がその時代ごとの要点をおさえていて、通史の復習ができる!

③早慶上智などに対応した難しい問題もあり、難関大対策にもなる!

④問題が厳選されているから今から始めても間に合う!

いいことずくめですね。古郡イチオシの一冊です。

ちなみに、「実力をつける日本史100題」もあるので、日本史選択の人もぜひ書店で少し覗いてみてください。

そういえば、さっきから学研とかZ会とかライバル会社の書籍ばっかりですね…

というわけで、今回のブログはクビが飛ぶ覚悟で書いております。笑

近いうちに古郡が東進から消えたら、きっとそれは………

 

 

 

…という冗談はさて置いときまして、、、笑

今日紹介した勉強法や参考書はほんの一例です!

世界史や日本史といった暗記科目のカギは、

自分に最適な参考書を見つけ、自分なりの最高の勉強法を確立すること!

みなさんも(特に高2以下の人!)、
書店を覗いてみたり、友達の勉強法を試したりしながら自分なりに研究していってください!

 

では!明日もお楽しみに~

 

慶應義塾大学商学部1年 古郡啓太