センターと二次の対策時間の割合どうするか問題 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 11月 27日 センターと二次の対策時間の割合どうするか問題

松本です。どうも。

寒いっすね。

秋ってこんな寒いものでしたっけ。

物言えば 唇寒し 秋の風 (松尾芭蕉)

割と昔から寒かったみたいですね、諦めましょう。

あ、ちなみに今東大駒場キャンパスは銀杏がめっちゃきれいです。

臭いも無事消えました。笑

こんなところを恋人と歩いてみたいものですねぇ。はぁ。

 

さてさて。

今日はセンター対策と二次対策の割合についてお話ししたいと思います!

早いものでセンター試験もあと40日ちょっとに迫ってきました。

こんなふうに追い詰められると

「やばいやばいセンター対策やんなきゃあ」

ってなって突然それまで進めていた二次対策の勉強スケジュールを中断し、センターにかかりきりになってしまう人も、いるかと思います。

が、しかし。

これは危険です。

理由は簡単で、このやり方だとセンター明けに二次力がガタ落ちしている可能性が極めて高いからです。

そうならないために、センター対策に割く時間は少しずつ増やしてきましょう。

9:1から8:2、7:3へ・・・

みたいな感じで。

だいたいクリスマスぐらいに二次:センターで9:1ぐらいになってればいいんじゃないでしょうか。

 

つまるところ大事なのはセンター前になってもたまぁに二次対策をしておくってことです。

それぐらい余裕を持った勉強スケジュールを立てておくのがデキる受験生ってやつなんでしょうね、たぶん。

 

センターは冬の風物詩ってぐらいでーんと構えて

地道に真面目に勉強を重ねて下さい!

 

ではでは。

東京大学教養学部1年 松本亮